f

アーカイブ

2014-05-11

GitHubからのclone方法


GitHubにアカウントを作っておくと,公開にはなるがそこで自分のファイルを管理できる。そしてインターネットを経由してファイルを取得できるようになる。
ユーザー: lamsh,リポジトリ: configGitHubからGitを使ってcloneするときに以下のようなエラーが出た。


git clone git@github.com:lamsh/config
Cloning into 'config'...
Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.



これはGitHubからのclone時にアカウント認証が必要な方法を使ったためだ。



GitHubからリポジトリをcloneする代表的な方法が3通りある。
  • http/https
  • git
  • ssh



http/httpsは認証不要なのでこれを使うと良い。gitsshを使うとアカウント認証が必要になるので面倒だ。



形式
http/httpsによるclone
git clone https://github.com/<user name>/<repository>
git clone http://github.com/<user name>/<repository>



sshによるclone
git clone ssh://git@github.com/<user name>/<repository>/



gitによるclone
git clone git@github.com:<user name>/<repository>.git



したがって,ユーザー名とリポジトリが以下である場合,
<user name>=lamsh
<repository>=config
以下のコマンドでcloneできる。
git clone http://github.com/lamsh/config



参考:
GitHub clone するときは SSH じゃなく HTTP を使ったほうが高速 - てっく煮ブログ http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/01/11/github-clone-http/

0 件のコメント:

コメントを投稿