f

2013-11-16

InconsolataフォントをTeXで使えるようにする

ソースコードの表示で人気のあるinconsolataというフリーフォントをTeXで使えるようにする。
inconsolata.styは2013年6月頃にzi4.styに名前を変更したらしい。
フォントのインストール
最初に[Google Fonts] (http://www.google.com/fonts/specimen/Inconsolata)からinconsolata.ttfをDL。
  1. Open Inconsolata in Google Fontsへ行き以下の2項目に✔
    • Bold 700
    • Latin Extended (latin-ext)
  2. ↓ボタンをクリック ▷ Download the font families in your Collection as a .zip file
  3. DLしたInconsolata.zipを解凍し以下の2つのフォントファイルをインストール。
    • Inconsolata-Bold.ttf
    • Inconsolata-Regular.ttf
パッケージのインストール
  1. CTANからinconsolataパッケージをDL・展開。
  2. 以下のフォルダを作り、docフォルダの中身を移動
    C:\w32tex\share\texmf-local\doc\fonts\insonsolata
    
  3. 以下のフォルダを作り移動、encフォルダの中身を移動。
    C:\w32tex\share\texmf-local\fonts\enc\dvips\inconsolata
    
  4. 以下のフォルダを作り移動、opentypeフォルダの中身を移動。
    C:\w32tex\share\texmf-local\fonts\opentype\inconsolata
    
  5. 以下のフォルダを作り移動、mapフォルダの中身を移動。
    C:\w32tex\share\texmf-local\fonts\map\dvips\inconsolata
    
  6. 以下のフォルダを作り移動、tfmフォルダの中身を移動。
    C:\w32tex\share\texmf-local\fonts\tfm\public\inconsolata
    
  7. 以下のフォルダを作り移動、type1フォルダの中身を移動。
    C:\w32tex\share\texmf-local\fonts\type1\public\inconsolata
    
  8. 以下のフォルダを作り移動、texフォルダの中身を移動。
    C:\w32tex\share\texmf-local\tex\latex\inconsolata
    
  9. mktexlsrコマンドを実行
  10. LyXでは、[Tools] ▷ [Reconfigure]
使い方
  • プリアンブルに以下を記述
    \usepackage{zi4} % typewriter -> inconsolata
    
    これでタイプライタ体がInconsolataになる。

0 件のコメント:

コメントを投稿