f

アーカイブ

2013-11-06

第3回 公園猫について考えるセミナー

動物愛護の人からメールが来たので転載。 去年は聴きに行ったが今年はKOFに参加したいのでこちらの参加は断念。
 
【日時】 2013年11月9日(土) 14時~
【場所】 大阪市立西区民センター 1Fホール
地下鉄千日前線、鶴見緑地線 「西長堀」駅 徒歩2分
【参加】 当日受付・参加費無料
 
●講演
【テーマ】行政の取組みと課題
大阪市・徳島県・東京都新宿区の職員の方々 
 
●パネルディスカッション
【テーマ】「市民が拓く共生社会の可能性」
行政と協働で取り組みを進める市民ボランティアの方をお招きして
飼い主がいない猫対策の意義や方向性についてのパネルディスカッション
 
【パネリスト】
  高木 優治氏(東京都新宿区保健所)
  矢野 さやか氏(徳島県動物愛護管理センター係長)
  亀山嘉代氏(練馬区地域猫推進ボランティア)
  西風 直美氏(兵庫県動物愛護推進員)
 
【モデレーター(司会・進行)】
  KIYOMI氏(FM COCOLO DJ)
 
※大阪市「公園猫適正管理推進サポーター制度(公園猫制度)」が実施されて3年目を迎えました。
命ある動物を排除するのではなく、良好な環境を保ちながら人と動物が共生していく取り組みの一つです。
 
また、昨年の改正により、動物愛護管理法に「人と動物の共生する社会の実現を図る」ことが目的として明記されました。
 
しかし、「共生社会の実現」を図るためには、「共生社会」そのものについて、広く市民の理解が得られることが必要です。
 
行政がだけが頑張っても、ボランティアだけが頑張っても、広く市民に、自治体の取り組みや国の方向性を知って
理解してもらわなければせっかくの制度も埋もれてしまいます。
 
そのあたりをどうクリアしていくのか、皆さんで考えていくセミナーになる事を期待しています。※
 
【主催】 大阪市 【共催】公園猫適正管理推進サポーター連絡会
【問合せ】 大阪市建設局 公園管理課  06-6469-3822

0 件のコメント:

コメントを投稿