f

アーカイブ

2013-10-08

platex+dvipdfmxでpdfに動画を埋め込む方法

LaTeXで動画を扱うには大きく4つの方法がある。
  1.  media9パッケージの\includemediaコマンド
  2.  mutimediaパッケージの\movieコマンド
  3.  movie15_dvipdfmxパッケージの\includemovieコマンド
  4.  hyperrefパッケージのhrefでリンクを貼る方法
media9
\includemedia[<option>]{<poster text>}{<main Flash (SWF) file or URL | 3D (PRC, U3D) file>}
  •  movie15パッケージの上位版という扱いらしい。
  •  pdflatexでやらないと無理。
  •  platex+dvipdfmxに未対応なもよう。
参考:
  •  http://empitsu.hatenablog.com/entry/2012/11/02/182722
  •  http://tex.stackexchange.com/questions/45242/animations-with-movie15-and-swf-files
multimediaパッケージ(beamer)
\movie[<options>]{<poster text>}{<movie filename>}
  •  multimediaパッケージはbeamerのパッケージの中に入っていて、beamerを読み込むと自動で読み込む。
  •  これ単体でplatex+dvipdfmxで動画を埋め込もうとするとうまくいかない。
  •  externalviewerオプションを指定していればなくても一応いけた。その場合はhrefと同様外部リンク扱い。
  •  movie15_dvipdfmxを読み込んでいるとなぜかうまくいった。
参考:
http://locs.bw.nitech.ac.jp/~kobayashi/fswiki/wiki.cgi?page=LaTeX-Beamer
movie15_dvipdfmx
\includemovie[<options>]{<width>}{<height>}{<media file>}
  •  movie15パッケージは昔(2000年頃)からあるので安定している。
  •  通常のmovie15パッケージだとうまくいかないので、修正されたmovie15_dvipdfmxパッケージを使う。
  •  multimediaパッケージの\movieコマンドよりオプションが多い。
参考:
  •  http://www.cas.cmc.osaka-u.ac.jp/~paoon/OriginalDoc/
  •  http://f3.acs.i.kyoto-u.ac.jp/~syuji/20081101/movie.pdf
  •  http://wkouw.web.fc2.com/WATAPEDIA_tex/Word_douganosounyu/douganosounyu.pdf
リンクを貼る
\href{run:<movie path>}{<poster name>}
  •  一番手軽。ファイルサイズも小さくて済む。
  •  埋め込むことはできない。
  •  動画とのファイルの位置関係が大事。
参考:
http://stackoverflow.com/questions/2428372/insert-video-clip-in-a-lyx-presentation-and-play-it-in-gnu-linux
以上の比較から現状はオプションの多さから、movi15_dvipdfmxパッケージを読み込んでおいて、\includemovieコマンドで埋め込むのがベストだと思う。オプションの数は少ないが、multimediaパッケージのmovieコマンドを使うのもあり。基本的な機能はどちらも抑えている。
どちらにしてもmovie15_dvipdfmxパッケージを読み込んでおくことが大事。

0 件のコメント:

コメントを投稿